>

できるだけ安く済ませたい人向け

安く済ませることを目標にして、お店に印刷を依頼する人が見られます。
それなら、小さいサイズの用紙を選択してください。
サイズが小さい用紙は安いですし、大きいサイズの用紙は高い価格が設定されています。
しかしあまりにも小さいと、記載できる文字が制限されると忘れないでください。
お客さんに伝えたい情報を、最低限は記載できる大きさを選択してください。

安い費用で済ませることを優先しすぎると、無理やりチラシに文章を掲載することになります。
すると非常に小さな文字になります
お客さんは、何と書いてあるのか読めないかもしれません。
それではチラシの意味がないので、小さすぎると思ったら安い料金でも、サイズを変更してください。

印刷する枚数を決めよう

たくさん印刷すると、料金が高くなります。
無駄に印刷しないよう、心がけてください。
お客さんに配布する時は、誰に配るのか考えてください。
イベントに来てくれるお客さんに、チラシを配布することがあります。
その場合は具体的に、何に人のお客さんが来るのかわかりません。
大体で良いので、何人ぐらいを呼ぶ予定なのか考えましょう。

少ないとチラシをもらえないお客さんが出てしまうので、情報を伝えることができません。
イベントの場合は、1000枚ぐらい印刷すれば間に合うと思います。
前回開催したイベントがあれば、その時に来たお客さんの人数を参考にしましょう。
前回よりパワーアップしたイベントなら、少し多めにチラシを作っておくと良いですね。


ふさわしい用紙を選択してもらおう

この記事をシェアする